8月は戦争の話し中心です。


by chobimame

日本って幸せな国なのかなぁ・・・


ちょびまめは本をよく読むのですが、よくノンフィクションものを
手にとったりします。
なぜなら「真実は小説より奇なり」なんて言葉もあるように、
人それぞれの人生には、様々なドラマがあるからです。





c0050419_161306.jpg

『歌舞伎町のこころちゃん』

表紙を見るだけで中を開ける勇気がでない。
表紙を見るだけで、こころちゃんの生活が、どんなに壮絶だったのか、
これからの人生がどうなのかを考えてしまい、
心が張り裂け砕けそうな程、言葉では言い表せなく悲しくなってしまった。

どうかヤラセと言ってくれ・・・
この本に関しては、そんな言葉を願ってしまいました。

日本は豊かな国です。
子供ホームレスなんて想像もつきません。
しかし、親の事情でこんなにも簡単にホームレスになってしまう子供がいるんです。
(こころちゃんは、現在は施設で暮らしているらしいです。本当ならいいですが・・・)

先日、派遣村で話題になりましたけど、派遣を解雇されてホームレスになった
人たちがテレビなどに露出して、様々な問題定義となりました。
ホームレス・・・実に切ない状態だと思いますが、大人は自己責任な面がないとは言えません。
実に同情するケースもありますが、大半は自分の生き方の反映だと思います。

しかし、子供には「自己責任」なんて言えません。
親の生活状況により、必然的に巻き込まれてしまうのです。
だけど子供は、どんな親でも大好きで、信じているのです。
それを裏切るのは大人である親なのです。
近年、貧困や児童虐待が増えているといいます。

子供は絶対に幸せであるべきだと思います。
親はもちろん、大人や社会が子供を幸せにしないといけないと思います。
そういう国にならなきゃダメです。

本を読んでいないので、詳しい事はわかりませんが、
こころちゃんがホームレスになったのは、1日2日の話ではないはずです。
残念なことに、気がついたのは外国人カメラマン。
日本人ではないのです・・・
新宿は、毎日たくさんの人で溢れているにも関わらず、
こころちゃんの存在を誰も気に留めなかったのは事実です。
日本はいったいどうなってしまったのか。
こういう状況の子供を作り出し、見逃してしまうのは、親の責任であり、大人や社会の責任でです。

日本って国は、浮き世離れした国会議員や、高級官僚が制度や法律を作っているので、
国会議員や役人、一部の富裕層ばかりが優遇される世の中で、
弱者に手がのびるような制度や法律が出来ない。
児童福祉なんて後回し。
汚いものには蓋をしろでは、救えるものも救えない。

私が語るより、アマゾンに作品を読んだ優秀なコメントが多数載っています。
こちらを読んでもらうと作品の内容がとてもわかります。
「カスタマーレビュー 歌舞伎町のこころちゃん」

それから、このカメラマンの友人のブログに、こころちゃんの事が
ある程度詳しく書かれていました。
「写真の向こう側・・・歌舞伎町のこころちゃん」

こちらにも後日談が書かれています。
「JA2KPR見聞記: 歌舞伎町のこころちゃん 」

こころちゃん、どうか幸せに暮らせていますように。
子供たちが幸せに暮らせる世の中でありますように。
[PR]
by chobimame | 2009-06-07 16:10 |