8月は戦争の話し中心です。


by chobimame

<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

村瀬明道尼

私の好きなこの明道尼は、滋賀県大津市の「月心寺」就職さんです。
以前NHKの朝の連続テレビ小説「ほんまもん」の明道尼がモデルにもなった人でもあります。
この明道尼の作る精進料理は、すっごく有名で、吉兆の創業者、故湯木貞一氏を「天下一」といわしめたほんものの味なのです。
この明道尼は、尼僧にもかかわらずとてもサバけたお人柄です。
9歳で口減らしとして尼寺へ養女に出され、尼僧として決して許されない恋をし、交通事故で瀕死の重傷を負い右半身不随となられたが、なおも立ち直り残の左手で拵える料理で「精進料理の明道尼」の名を得るまでになるという、大変波乱万丈な人生を歩んでこられました。

そんな波乱万丈な人生を送られてきた明道尼だからこそ、その言葉には心をうたれます。
明道尼の自伝『ほんまもんでいきなはれ』は、波乱万丈な人生を歩みながら、時には豪快に突き進む明道尼の姿に、シンプルに生きてることは素晴らしいと思えます。


先日、たまたまテレビを見ていたら、『Dのゲキジョ』という番組で、明道尼の<禁断の恋とこの世の真実>という内容を放映していました。
今までの生い立ちから、現在までの生活や、迷える人への言葉・・・などなど、感動の1時間でしたね!
ぜひHPのバックナンバーを見てみて下さい。


番組の中で明道尼が仰っていた『金言』を紹介します。
どの言葉も、心にズシッと響きます。
真実の言葉は尊いものですね。


● 女は愛の本質を見失う生き物
    金や物に惑う女の悲しさを知るべし

● 愛とは命がけで相手を思うこと
    その覚悟なしに愛を語るはまがい物

● 悲しみは全て自分で背負うもの
    愛する者に共有させてはならない

● 不自由を嘆くより自由を得ていく喜びを知る
    それが一生を明るく照らす道である

● 死ぬまで精一杯生きるために人生はある

● 生きていることが何よりも尊い
    どれほど不自由で不幸せでも人生は尊い

● 死ぬまで相手を思う
    それが人を愛するということ

● 空気と水と親の恩なくして人は生きていけない

● 人間は一人で生まれ 一人で死ぬ
    やがて来るその時まで 人生を楽しむべし

● 人の世に 五体満足に生まれた以上の幸福は無い



「月心寺」に精進料理を申し込むと、明道尼が説法をして下さるそうです。
明道尼が朝の3時から起きて作るゴマ豆腐は絶品なんですよ!
ちょびまめは、この「月心寺」に行きたいと切望してるんですのですが、団体じゃないダメみたいなんです・・・
あぁ~誰か一緒に行きませんか?
団体って難しいわぁ・・・


『Dのゲキジョ』
(バックナンバーの項目から6/16分の放送を探してね!)

明道尼自伝
『ほんまもんでいきなはれ』
[PR]
by chobimame | 2006-06-30 14:54 | 気になること

お出掛け先からの帰宅途中、自宅付近の道をあるくちょびまめ。
その日は雨が降ったり止んだりしてたので、右手にバック、左手に傘を持っていたのです。

前方より重心が取れないのか、ヨロヨロと蛇行しながらゆっくりとしたスピードで走ってくる自転車。
坊主頭の大柄な中学生か>はたまた高校生くらいの男の子が、なにやら重そうにペダルを漕いでる。
んん?後ろから足がもう1本見えるってことは2人乗りじゃねぇ~か!
しかも女だ!女っ!
お揃いのジャージを着てるとこを見ると部活帰りか?ジャージマン!!
しかし、最近のガキは生意気だなぁ~

なんて思いながら、ちょびまめは歩道の端を歩いていたのです。
そんなことを思ってる間にフラフラした二人乗り自転車が横を通過・・・・・

そして!!
[PR]
by chobimame | 2006-06-27 22:39 | 街であったこと

大公開!

ここの遊びにきてくる人は、「ちょびまめってどんな人?」なんて思ったことはないですか?

今日は日頃の感謝を込めてちょびまめプライベート大公開!します。


さぁ!さぁ!怖い人はここから引き返してぇ~


心の準備はいい?( ̄ー ̄)ニヤリ

ではどうぞ!
[PR]
by chobimame | 2006-06-25 22:25 | OL日記

夏のデザート

c0050419_1422235.jpg

コロンバンのゼリーです!
オレンジと巨峰の味ですよ~
この淡い色のグラデーションにひかれて買いました。
ゼリーは、果汁たっぷりで美味しいです。
暑くなるとデザートにも涼しげな物に目がいきますよね!
[PR]
by chobimame | 2006-06-23 14:02 | 甘いもの

人として

山口母子殺害事件

「1999年4月14日午後二時半ごろ、山口県光市の元会社員の少年(19)が、同市の本宮洋さん方において、その妻の本宮弥生さん(当時23)に強姦しようと企て被害者ら方を訪問した。乱暴しようとするも激しい抵抗にあったことから同女を殺害したうえで目的を遂げようと決意し、首を両手で強く絞め、窒息死させて殺害、乱暴した。その後、当時11ヶ月の長女が激しく泣き続けたため、泣きやまない長女に激こうして殺害を決意し、居間で長女を床にたたきつけるなどしたうえ、首に紐を巻いて強く引っ張って締め付け、窒息死させた」

という事件です。

今回、自判でなかったのはとても残念でしたが、無期懲役が回避されただけでもよしと思いたいところです。

この事件について、前々から許せない気持ちいっぱいでした。
何度もブログに書こうと思ったのですが、重たい内容なので躊躇してました。
しかし、今日のテレビ報道の中に大変憤りを感じるものがあったので、あえて書こうと思いました。

(ここからは個人的主観なので、不快な方は読まないで下さいね)

個人的意見
[PR]
by chobimame | 2006-06-21 22:46 | 時事

祭りの後は・・・

ダミアン祭りも金曜日で終わりを向かえ、来週からは平穏な・・・平穏な・・・
平穏な日々にしてみせますわぁーーー!
と、心に誓うちょびまめでございます。

ダミアン祭りの数日間は、ちゃんと昼と3時に(ロッカーに隠れて出てこない日もあったけど)自腹を切って奢ったりしたSジィですが、やはり何で自分の誕生日に自腹?と疑問に思ったようで、途中から「割り勘で」と言い出し、刺客T嬢に「一生生意気な口が利けないようにしてもいいんだよ~(-ω-#)y-~~~~」と言われていました。

そんなダミアン祭りも無事終了・・・
[PR]
by chobimame | 2006-06-20 22:10 | OL日記

文鳥様と私

c0050419_2158538.jpg

この本に出会ったのは、チョビとマメを頂く前のこと。
文鳥の飼育に関して、まったくの知識を持ち合わせてない私に、チョビとマメの親鳥の飼い主さんから文鳥飼育ってこんな感じだよぉ~という入門編として紹介してもらったのがキッカケです。
読んでみると面白い!この作者の「今市子さん」が飼っている文鳥たちとの生活を描いているのですが、ここに登場してくる文鳥たちがどれもユニークなキャラクターで面白いんですよ!
ただ・・・飼育本として、読むのはちょっとお薦めできません。(;・∀・)
文鳥を愛しすぎて、けっこうやってはいけないような事が出てくるんです。
例えば・・・人間と一緒にフロに入れるとか、人間の食べ物を与えるとか・・・etc
もちろん参考に出来ることもあるんだけど、飼育本はちゃんと専門書を読みましょう
くれぐれも『マンガ』としてお楽しみ下さい。

だけど、文鳥を飼ってない人にも、文鳥ってどんな生き物?文鳥って愛らしい?などと知ってもらえるし、文鳥入門編マンガとして読むなら十分に面白いです。
文鳥飼いの人なら、思わず「こんなことあるー!爆」って感じに笑えちゃう。
時間を忘れて、しばし文鳥ワールドに突入!
このマンガを読んだら「文鳥飼ってみたいな!」なんて思うかも(・∀・)♪
そしたらあなたも文鳥仲間ね!
時間がある時にでも、ぜひ読んでみてねぇ~


この数日、急にこの「文鳥様と私」が読みたくなって、過去6巻出てるんだけど、パラパラと読んでたのです。
ふと「7巻出てんじゃない!?」って急に気になって本屋へ!
そしたら7巻が出てたよぉ~!ちょびまめ冴えてる!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ(ただ今1人自己満足爆走中)
[PR]
by chobimame | 2006-06-18 22:16 |

考えさせられますね

ちょびまめのブログに遊びにきて下さるマロッチさんのところで、悲しいお話を読みました。
そして、みなさんにお知らせしますね。
ますはマロッチさんのブログをお読みになって下さい。
「悲しいお知らせ」by マロッチ

ペットブームという現象が日本全国に起きてるようです。
そうですねぇ~どこの街にも、数年前とは比べ物にならないくらいのペットショップの数!
ちょっと前まで、犬や猫は、ご近所さんから貰うものという感覚があったのですが、
最近は「買う」ものという感じになってきました。

近所から貰ったり、捨てられた子を貰ってくる時には、「本当に死ぬまで面倒を見られるか?」なんて、家族ですっごく真剣に考えたものですが、最近はスーパーの中などにペットショップが併設されてる場所も多いせいか、気軽に動物を「買う」という感じに様変わりしてるのでしょうか?
これはあくまで、ちょびまめの主観であるので偏った話しなのですが、なんとなく安易に動物を「買い」「飼い」易くなったような気がするんですよね。
もちろん、どこで買おうが貰おうが、真剣に大事に面倒を見ている飼い主さんの方が多いと思います。
しかし、玩具感覚や、お金儲けの道具として動物と接してる人も多いのも本当ですね。

最終的にはどう生き物と関わるかということは、人間の良心の問題なんだと思います。
動物だけではなく、人間同士の関わりにおいても、なんとなく情が薄くなってきる昨今、
もっと人間としての良心を考える必要がありますよね。


もうあと1回で終わってしまうのですが、NHKの土曜ドラマで丁度動物愛護に関連するドラマを放映しています。
保健所で処分寸前の犬を引き取った飼い主と犬の物語です。
とても良いドラマなので、良かったら見て下さいね。
私もはじめの数回を見逃してしまったので、再放送がされるの楽しみにしています。

「ディロン~運命の犬」



良かったら、ブログに貼って下さい。↓

**********コピー&ペースト可能***************
→ここから


ここに訪問中の愛犬家の皆さんへ

私から皆さんに報告したいことがあります。
里親さんを希望されてる方にいくつか注意点があります。
一人では立ち会ってもらえなくても、被害者同士でコメントを取って、
警察なり、保護団体に持っていくと、動いてもらえるそうです。
また、こういう悪質な転売行為が行われていると言う事を報道機関に
訴えると、取り上げてもらえるのではないかと助言をいただきました。
そこで、取引をする際には、以下の点に注意してください。

1.まず、メールだけでやり取りするのではなく、当事者同士、何回も顔を合わせましょう。
(心配なら、動物愛護団体の方を間に入れるとより安全です。
出来ないならば、信用の置ける第三者を入れる)

2.証明書を作成します(かなり厳密なものをつくります)

3.住所や電話番号すら自分から教えないような人間に引き渡さないこと。
それが、知り合いが介入していたとしてもです。絶対に疑ってください。

4.それと、引渡しの際には、引き取り手の方から来てもらって下さい。
いくら、「北海道」だろうが「沖縄」だろうが、「海外」であろうが、
それすら渋るような人間を相手にしないようにしてください。
まず怪しいです。

5.そして、引渡し前に、引き取り先のお宅を伺ってください。
遠くても自らの足で確かめに行ってください。

6.「ここなら、ちゃんと育ててくれる」と納得した上で、
数名で話し合った上で、契約書、身分証明書を提出します。
引き渡し前に、協会の方が、直接その引き取り先を訪問し、犬に適した環境か確認します。
家の中まで入られます。

7.じっくり時間を掛けて協議するそうです。あせりは禁物です。


※まず、以下のケースの場合は疑ってください
行き先が二転三転したり、「遠くだから来られません」などという如何わしい言い方をされる方は、
それだけでお断りされるそうです。
※特に狙われやすいのは、純血種の小型犬(特にチワワやプードル)です。

これから里親さんを希望する人、または愛犬家のお友達同士でこの事を広めてください。
コピー&ペーストしてブログ、ホームページなどで転載して、呼びかけて下さい。
この事は、日常茶飯事で起きている事です。
皆さんの協力が必要です!
どうぞよろしくお願いします。


→ここまで
*********************************************************
[PR]
by chobimame | 2006-06-17 18:08 | 動物&文鳥

鎌倉(食事&風景編)

c0050419_21551078.jpg

鎌倉の続きで~す。
鎌倉に行くと必ず訪れるのが、レストラン「デラ・セラ」
かなり高台にある海の見えるレストランです。
お値段も場所同様にちょっと高め・・・(;・∀・)
やっぱり景色代なんでしょうねぇ~
晴れた日は、最高のロケーションですが、油断してるとかなり日焼けしますよ。
c0050419_21593380.jpg


お料理はこちら
[PR]
by chobimame | 2006-06-14 22:04 | 街であったこと

鎌倉(あじさい編)

鎌倉まで紫陽花を見に行ってきましたぁ~
あいにくの曇り空でしたが、紫陽花はキレイに咲いていました。
まだ満開ではなかったですが、再来週あたりは身頃を迎えるでしょう。

c0050419_221106.jpg


あじさい鑑賞をどうぞ!
[PR]
by chobimame | 2006-06-11 22:06 | 街であったこと