8月は戦争の話し中心です。


by chobimame

<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

SAYURI

c0050419_2345765.jpg貧しい漁村に生まれた少女・千代は9歳の時"花街"の置屋に売られる。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子と評判の芸者、初桃がいた。親から引き離された寂しさ、下働きの辛さ、初桃の冷たい仕打ち…それは、幼い少女には過酷すぎる日々だった。全ての希望を見失った時、千代に運命の出会いが訪れる。ひとり涙に暮れる千代に、立派な身なりの紳士が優しく声をかけたのだ.「こんな良い日和に泣いてはいけないよ。君のように美しい子が、どうしたのだい?」`”会長”と呼ばれるその男は、千代に涙をぬぐうハンカチと小遣いを手渡すと、連れの芸者たちと共に立ち去る。それはほんの一瞬ではあったが、千代にとっては、人生は辛く苦しいことばかりではないと思い出させてくれた永遠の出来事だった。この日から、千代は心から芸者になりたいと願うようになる。芸者になれば、会長さんにもう一度逢えるかもしれない…そんな停い願いが、千代に再び希望を与えたのだ。
 千代が15歳の時、人生の転機はやってくる。"芸者の中の芸者"と称えられる"豆葉"が、千代を芸者として育てたいと申し出たのだ.豆葉の厳しい指導によって、千代は芸者”さゆり”として花開く。ミステリアスな輝きを放つ瞳と、天性の聡明さで、男たちは彼女の虜となっていく。しかし、さゆりの心は、幼い頃に一度出逢ったきりの名も知らぬ”会長さん”のものだった。例え再会を果たしたとしても、結ばれるはずもない人であると知りながら…。

役にたたないネタバレ
[PR]
by chobimame | 2006-01-31 23:11 | 映画

あの夜・・・

c0050419_22201226.jpgニッキは、茶系の文鳥です。
頭が茶色で、体がクリーム色という、なんとも地球環境に馴染みやすい色をしています。
畳の上にいる時なんぞは、保護色のように見えるくらい同化してしまい、危うく踏みそうになるなんてことは日常茶飯事なのでございます。
ニッキの体型は、チョビやマメから比べて一回り程小さく丸々しています。
まるで小さなソフトボールか、鶏の卵体型という感じです。
しかし、体は小さくても足はかなり長いようで、よく足をピンと延ばし、首も鶴のように延ばして、カゴ越しに遠くを眺めていたりする癖もあるようです。
ニッキは、チョビ、マメとは違い、カゴの中にいる時も外に出してもあまり飛ばずに、ちょんちょんと飛ぶように歩き、鳴き声も小さく実に愛らしい姿をしています・・・・・・・・・・・がっ!
昨日・・・見てしまったのです・・・あまりにも恐ろしい姿を・・・

それは、珍しく暖かい夜のことだったのです・・・
[PR]
by chobimame | 2006-01-29 22:22 | 動物&文鳥

鳥のオムツ発見!

なんと鳥のオムツがあるそうな!(*゚∋゚)クックルドゥドゥ
やっぱりあったのか!?鳥のオムツ!!
鳥を飼っている人なら、一度は「このフンなんとかならないのか・・・ι(´Д`υ)アツィー」と思ってことはあるはず。
でもまさか本当にあると思わなかったね。
c0050419_2253140.jpg

う~ん・・・鳥のプロレスラーみたいなオムツだね・・・(´Д`;)
これでちゃんとフンが防げるのかな?
いったい尾っぽはどこから出てくるんだ???
c0050419_2263141.jpg
←ほぉ~こんな感じなんだぁ~
 前はプロレスラーみたいで、後ろから尾っぽが出るんだ!

c0050419_2294056.gif
でも鳥は満足しているんだろうか・・・
ちょっと疑問。笑

これ、世界的にヒットしている商品らしいです。
作った人は億万長者だって!
なんでもアイデアだねぇ~

詳細は「億万のこころ」で紹介されています。

ネット販売もしていらしい。見たけど英語だから読めない(´Д⊂グスン
「鳥のオムツのHP」
[PR]
by chobimame | 2006-01-24 22:11 | 気になること

逆転の発想!?

みなさぁ~~~ん!!
どうもありがとう!!
やっぱり私らしくないからやるよーーー!
さぁ今日もOL日記だぜ!!
えっ?やっぱりイヤ・・・?(-"-)

c0050419_2323028.jpg

青白い顔をしてガリ痩せスポック船長が、ヒョロヒョロペラペラ~っと今日も風の力を借りて歩いている。
身長は170cmくらいで、体重は40キロ代(たぶん45キロ無いね)の体は、骨と筋しかないに違いない!
別名:骨皮筋衛門・・・歩く人体模型という感じがしないでもない( ̄Д ̄;;
これもみんな貯金の賜物!名づけて「貯金ダイエット!」なのだ。
貯金も出来るし、ダイエットも出来る!なんて素晴らしいダイエットなのかしら♪
でも・・・栄養失調にはなります・・・確実になってます。

そんなスポック船長に・・・
[PR]
by chobimame | 2006-01-23 23:04 | OL日記

串揚げハゲ天

c0050419_15382986.jpg

今日のお昼は、天ぷらではメジャーな店「ハゲ天」に行きました!
ハゲ天でも串揚げのお店に入ってみました。
ちなみに「ハゲ天コース」を頼みました。
7本の串揚げ付きのランチで1300円。

知ってますか?なんで「ハゲ天」って名前なのか?
屋号は別の名前がありながら、初代の社長がハゲだったのでハゲが揚げる天ぷら屋で「ハゲ天」と呼ばれるようになったんですって!
それでいいのかハゲ天…( ̄□ ̄;)!!
[PR]
by chobimame | 2006-01-20 15:38 | グルメ

S耕作

c0050419_2128259.gif
今日は明るくSジィ話!!
って・・・まだやるんすかっ?思っていませんよね?・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

先週あたりから、この職場でSジィが姿を消そうとしている・・・
理由は不潔だから!ってワケじゃなく、勝手に色々な打ち合わせに出ているので、だったら作業人員の不足している課に応援という形で、週の大半を出張することになりました。
Sジィは、そろそろリストラ対象名簿に名前を載せられる頃だったので、少し命拾いが出来たようです。

さて他の部署でやっていけるのでしょうか?
[PR]
by chobimame | 2006-01-19 21:31 | OL日記

電車にて

私は思う。
なぜ日本人は、ここまで弱く、臆病で無関心になったのかと…
先日、電車に乗っていると、1ブロック先の席から男の罵声と共に、窓ガラスを割れんばかりの勢いで叩く音が聞こえた。
「おい!ババア!いい気になってんじゃねぇぞ!!」
何事かとそちらを向くと、サラリーマンらしき中年男が横に座る40代くらいの女性に、しきりに罵声を浴びせ、肘でこづき、怯えさせる手段なのか何度も窓ガラスを叩いた。
そのサラリーマンらしき中年男の周りには、数人の男が座っているにも関わらず、その男たちはみな黙りを決め込み、新聞を見たり寝た振りを続けた・・・。
私は車掌を呼びに走ったが、私と罵声を浴びている女性とサラリーマンらしき中年男だけが、何かの劇中劇をやっているかのように浮いた存在であり、罵声が響く以外はシンと静まり返ったその車内の風景はいつもとまったく変わらなかった。
まったく不気味で素っ気ない風景に私は愕然とした。
この電車という小さな箱に詰まり、同じ時間の経過を過ごしているにも関わらず、まったく空間を共有していない人々。
これが個人主義というやつなのか?
いつから日本人は、こんな空間を生きるようになったのだろうか?
[PR]
by chobimame | 2006-01-18 09:48 | 街であったこと

緊急!!

みなさん、内閣府の国政モニターに応募してみませんか?
任期は平成18年4月1日から平成19年3月31日までの1年間で、募集人数は550人。
選ばれれば、財政・社会保障制度改革や教育・環境問題など、幅広い国の行政施策に対する意見を届けることが出来るそうです。
締め切りが明日の1月18日までなのですが、郵便は18日の消印有効ですし、ネットからも応募できます
自分の意見を国に届けるよいチャンスです!!
小さな動きだって、国を変えることは出来るかもしれません。
自分たちの国だから、自分たちで良い環境に変えていきましょう!
詳しくは内閣府HPを見て下さい。
「国政モニター(内閣府HP)」
[PR]
by chobimame | 2006-01-17 10:05 | 時事

亡国のイージス

c0050419_1539524.jpg
東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長は、先任伍長の仙石に、犯人が如月一等海士であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファと共謀し、特殊兵器「グソー」の照準を東京首都圏に合わせていた。その頃陸では、防衛庁情報局の渥美たちが対策に乗り出す。なす術を失った政府は、米軍の新型爆弾を使い、「いそかぜ」を空から消滅することを検討しはじめる。


これって、原作は「終戦のローレライ」の作者と同じなんですよね。
「終戦のローレライ」が国家の終戦へのあるべき形なら、この亡国のイージスはあるべき国家の理想・・・まるで時代が違う続編というイメージを抱かせる作品でした。
でも・・・日本映画って、やっぱりこんなもんだよね・・・スケールちいせぇ・・・(ーー;)
自衛隊の協力もあり、本物のイージス艦で撮影ってことも期待しつつ不安も抱きつつ(危ない国が見てるだろうから)観たんだけど・・・なんじゃこりゃ!
中井貴一や佐藤浩市や真田広之が出てるので、日本映画的には豪華な顔ぶれだったんだろうけど、ストーリーが曖昧な上に、どっちが敵か味方なのか曖昧だし、命かけてイージスを乗っ取り、国家の理想まで変えようって人達が、案外簡単に良い人になって死んでいってしまう・・・
中井貴一が一人で最後まで悪者なんだけど、その描き方も曖昧だしね。
きっと自衛隊に撮影費をたくさん払ったに近いない・・・
だからチープな映画になってしまったのかも・・・
いっそのこと東京湾からゴジラが出てきた方が面白かったかもね。
終戦のローレライに続き、これもたぶん原作の方が面白いのではと思った作品でした。
[PR]
by chobimame | 2006-01-15 15:40 | 映画

改造文鳥ちょび

c0050419_1793690.jpg

みなさん、コメントを頂いているのにお返事が書けなくてすみません!
毎日帰りが遅く(仕事よ!仕事!!)パソコンの前に座る時間がない・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・
会社のパソコンは、外部への書き込み禁止なので、ちゃんとブロックされてるし。
仕方ないので、細々と携帯から投稿・・・
お休みには書くのでご勘弁を~~~<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪

さて、チョビがマメの鳴き声に反応して鳴き返してしまうので、病院へ電話を入れて聞いてみると、「それは卵を産む可能性があるから、すごに病院に来て下さい!」と強く言われたので、チョビと一緒に出勤して開院時間に「ちょっと病院へ行ってきます」と言うと、ちょびまめの具合が悪いと勝手に勘違いした(それが手なんだい( ̄w ̄)ぷっ)Sジィの許可を貰って小鳥の病院へ行きました。
それにしても小鳥の病院って混んでるわぁ~
あんなに鳥を飼ってる人がいるなんて、ここの病院へ通う前は思ってもいませんでした。
大人しく待っているちょびまめに対し、チョビは相当不満なようでガッガッ!とちょびまめを睨みながらカゴを突いて攻撃してきます。
ちょびまめが苦労しているというのに、このチョビの態度はいったい何でしょうか?o( ̄ー ̄;)ゞうう

診察を受けたチョビの経過は、卵は出来てないもののお腹がまだ張っていて油断は出来ないということです。
お腹が張っているので、まだまだ卵を産む危険性もあるらしく、獣医さんは頭をかかえていました。
卵が出来ても、チョビのように卵管が破れて卵がお腹に落ちてしまう鳥は、その傷ついた卵管が上手く治癒していなければ、またそこから卵が出てしむ可能性が高いのです。
そこでチョビに卵を産ませない治療をすることになりました。
チョビに可能な治療はこの3つです。

1.ホルモン投与(毎日薬を飲む)
2.ホルモンが常に自動的に投与出来るテンプレートを体に埋め込む
3.ホルモン注射(月1回)

1と2は、世話をする飼い主には比較的簡単な方法だそうですが、副作用が出る可能性が大きい。
3は、副作用が1と2に比べると少なく安全性がある。しかし、月1回の通院を義務付けされるのと、注射代が高いのがネックです。
ちょびまめは、考えた結果「3」のホルモン注射にしました。
なのでこれから月に1度はホルモン注射の為に通院です。
だけど・・・月1回のホルモン注射って、まるでオカマみたいですよね・・・“o(>ω< )o”
チョビはメスなので・・・ホルモンで産卵を止める→雄に近くなる→オナベ文鳥!!
自然の摂理に反するようですが、チョビのことを考えると今はこの方法しかないように思います。
今日はホルモン注射の様子を見る為に1日入院だそうです。
[PR]
by chobimame | 2006-01-13 17:09 | 動物&文鳥