8月は戦争の話し中心です。


by chobimame

あの夜・・・

c0050419_22201226.jpgニッキは、茶系の文鳥です。
頭が茶色で、体がクリーム色という、なんとも地球環境に馴染みやすい色をしています。
畳の上にいる時なんぞは、保護色のように見えるくらい同化してしまい、危うく踏みそうになるなんてことは日常茶飯事なのでございます。
ニッキの体型は、チョビやマメから比べて一回り程小さく丸々しています。
まるで小さなソフトボールか、鶏の卵体型という感じです。
しかし、体は小さくても足はかなり長いようで、よく足をピンと延ばし、首も鶴のように延ばして、カゴ越しに遠くを眺めていたりする癖もあるようです。
ニッキは、チョビ、マメとは違い、カゴの中にいる時も外に出してもあまり飛ばずに、ちょんちょんと飛ぶように歩き、鳴き声も小さく実に愛らしい姿をしています・・・・・・・・・・・がっ!
昨日・・・見てしまったのです・・・あまりにも恐ろしい姿を・・・



ペットヒーターでカゴの中が暑くなり過ぎてないかと、そっとカゴに被せてある布を開けてみると!!
c0050419_22203678.jpg

いつも丸まって寝ているはずにニッキが・・・なぜか直立不動です!
足を思い切りビシッと伸ばし、首まで鶴のように伸びるだけ伸ばし、胸を張り、顔を真っ直ぐ正面に向け、ジッとしています。
その姿は、まるで応援団長です!!
あまりに不思議な格好なので、色々な角度から見てみたのですが、シッカリ目を閉じて寝ています・・・
その、今まで一度も見たことのない応援団長ぶりに、怖くなったちょびまめは慌てて布を被せてしまいました。
しかし・・・何かに変身しようとしているか・・・それともカゴからロット噴射しようとしてるのか、だんだん気になってきてまた10分後に覗いてみることにしました。
だんだん布を開ける時間が近づいてきます・・・
もし・・・もし・・・そのどちらかに該当していたら・・・( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ…
また恐る恐るそっと開けてみると、やっぱり応援団長のままでした!!
しばらくジッと見ていたのですが、微動だもせずに応援団長は、瞑想をしているのか、その目は硬く閉じられたままでした。
嘘だっ!あんな格好で寝るなんて疲れる決まってる!!
そう思ったちょびまめは、それから30分にわたり、カゴの布を開けたり閉じたりしていましたが、応援団長はそのまま同じ体勢を崩すことはありませんでした
c0050419_22211571.jpg

いったいあの夜はなんだったのでしょうか?
あんなに立派な応援団長ぶりは未だかつて見たことがありません。
あれは絶対に何かに変身しようとしてたに違いありません・・・
今日からニッキを宇宙から来た応援団長と呼ぶことにします。
[PR]
by chobimame | 2006-01-29 22:22 | 動物&文鳥